忍者ブログ   
admin
  
                       
   
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   
   
   
                       
   
今回はとのが出ます



















引き続き みちのく旅行の様子を


AM4:00新潟県に入ると雨模様小雨のうちに妙高SAでリフレッシュ


雨の新潟は写真撮らずに素通り上信越から日本海東北道へ入ります。

                    
しかし、新潟は広い    


高速使っても4時間以上かかったッス⊂⌒~⊃。Д。)⊃ タリー



妙高SAから2時間半ほどの朝日まほろばICで日本海東北道は終点。


そこから国道7号を走ります


新潟県と山形県の県境あたりで雨がやんできたので、ようやく休憩
松尾芭蕉の俳句で有名なココ

















羽越街道の三崎峠でリフレッシュ


「あつみ山や 吹浦かけて 夕すずみ」


と、松尾芭蕉が歌ったように、夕日がきれいなところなんですが…


時間はAM8:00 しかも曇天。夕方に来たかったなァ>(/_;)


駐車エリアから遊歩道があり、奥へ進むと日本海が一望できます。


























そのまま国道7号を走り山形県を超え秋田県へ


秋田は無料高速が多いんです


由利本荘ICから岩城ICまで、ぽつんと無料の日本海東北道があり、そこを利用


岩城ICを降りてすぐの「道の駅いわき」でリフレッシュ
快晴です


















4月29日午前10時を回ったところ。秋田に入りご機嫌な快晴


がつがつ食べるたいちゃん



















朝食をすませ、奥にある「岩城アイランドブリッジ」へ


階段おりて…




















階段を降りて…


すがすがしい景色です



















すがすがしい景色と美しい橋と、落ち着きのないとの


( ..)φ<朝食後のする場所を探しているみたいですよ?






















<見晴らしのいいところでするのは格別だねぇ



とのこと



ここまできたら残すところ200キロ。


秋田ICから二ツ井ICまでの秋田道無料区間を使って一気に青森へ



何度見ても綺麗姥捨の夜景クリックしてひろばへ
何度見てもキレイです
















回予告 ついに弘前到着!走行距離1000キロ(所要時間16時間)越えです。

拍手[2回]

PR
   
   
            
この記事にコメントする
   
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  
          
 
無題
すごいな~1000キロ!
そんなに旅したらどこでもこい!
ですね(笑)
車の中ではぐーすか寝てます?
一枚目の写真すてき♪
まだ桜咲いてるんですね!
はる URL 2011/05/06(Fri)22:07:37 コメントの編集
     
              
 
はるさんへ
弘前さくら祭りは、毎年G・Wが見ごろなんです。嫁さんは車内で寝っぱなしですが、私はおちおちと寝てる暇ありません…昼間になると気温が上がって、とのに影響でますから、夜の間に出来るだけ北へ北へと走り切ります。
とのパパ 2011/05/07(Sat)10:09:57 コメントの編集
     
            
         
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
   
        
  
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
との
年齢:
9
性別:
男性
誕生日:
2007/11/27
職業:
フレンチブルドッグ
趣味:
昼寝 散歩 ドライブ 
自己紹介:

最新CM
[06/28 ひよこまめん]
[06/04 桑原 昭法]
[06/03 とのパパ]
最新TB
お世話になってる方々
ブ*ち*る*ハイッハイ!
ちょっとだけ小麦肌
ララとハッピー♪
ぱんログ
蒼い空を見上げて
ブログ内検索
バーコード
カウンター
アクセス解析
フリーエリア
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) ぶひとの! ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++